PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

砂吐き袋もしくはハリセン必須

この前、いいともにしろたんが出てて、食堂で昼食食べながら見てたのですが、意味もなく顔がにやけそうになるのをこらえるのに必死でした。
なんかイケメン扱いされてる彼を見ると笑わずにはいられないのだよ…。ひとりじゃ何もできない変な外人のくせにっ!
テレビを見ながら「ペスカ…」とつぶやくと、隣で冷やし中華すすってた友人が盛大にむせてました。油断せずに行こう。

そんなわけで今日もバトンなんだ。

*

バカップルバトン
指定 【ちーちゃん&楓ちゃん(withおっくん)】

※以下、石蕗さん=「」、楓ちゃん=「」、おっくん=「」表記です。

① 二人のラブラブ度指数は?
「けたがいくつあっても足りないもんね?」
「…そうですね」
『しょっぱなからコレだぜ。俺様ゲンナリ~』

② お互いの呼び名は?
「ちーちゃん(はぁと)」
「…楓ちゃん」
『楓、千速』
「おっくんにはきいてないわよ?」
『ケッ』

③ 記念日は?
「ちーちゃんと一緒なら、毎日が記念日よ?」
「…そうですね」
『千速オマエ、ちっとは否定というものをしろ。テレフォンショッキングか!』
「…そうですね」
『……』

④ 二人の一番の思い出は?
「もちろん結婚のちかいをしたときのこと!」
『ああ、そんときゃまだ俺様はいなかったな。いつの話だ?』
「五年前よ?」
『五年前って、おまッ…ハタチ超えた男が五歳児相手にナニやってんだ! アレか、光源氏計画かッ』
「…失礼なカエルですね」
「あー、ちーちゃん、おっくんにぎりつぶしちゃだめー」

⑤ 知り合ったキッカケは?
「…桜子さんの出産見舞いで病院へ行ったとき、生まれたばかりの彼女と初めて対面しました」
「かえで、さすがにそのときのことは覚えてない…」
『きっと俺様よりちっこかったんだろうな!』
「…はい。抱かせてもらいましたが、ぐずることもない、おとなしくていい子でした」
「ちーちゃんにだっこ…!」
『十年前の自分に嫉妬してどーする』

⑥ お互い好きな所を全てあげて下さい
「かっこいいところ!」
「…かわいらしいところ」
「背が高いところ!」
「…小動物のようなところ」
「やさしいところ!」
「…しっかりしているところ」
「お料理が上手なところ!」
「…おいしそうに食べてくれるところ」
「きりっとした目!」
「…大きな瞳」
「すらっとした手と足!」
「…やわらかな髪」
『誰かコイツらを黙らせろ』

⑦ おそろいの品はありますか?
「ちーちゃん、ほら、あれ」
「…昔、露店で買った指輪ですか?」
「まだ持ってるよね?」
「…もちろんです」
「婚約指輪だもんね」
『いい加減、砂吐きそうだぜ。ゲロゲロ~』


⑧ 彼氏の前では彼女はどんなタイプ?また彼女の前では彼氏はどんなタイプ?
『楓は千速の前だと急にしおらしいな。幼さを自覚した上でそれを武器にしたあざとさが、周りのヤツらにしてみりゃちっと鼻につくかもしれねぇが、ま、女は何歳でも女っていうからな。
 千速は基本、誰に対してでも変わらねぇからな。むしろ表情すら変わらねぇ。まあそれでも楓っつーか、女子供には甘いから、身内・女・子供の三要素を持ち合わせた楓のことはかなり甘やかしてんじゃねーの?』
「なんでおっくんがぶんせきするコーナーになってるの…」
「…ですが、反論の余地はありません」

⑨ おもいっきりノロケてください
「ちーちゃんだいすき」
「…ありがとうございます」
『ハイハイごちそうさまごちそうさま』
「おっくんも好きよ? パパとしゅーちゃんの次くらい」
『そりゃどうも』


……だめだ!

おっくんにツッコミ入れさせることによってなんとかバランスを保っているけれど(withおっくんにしてくださって本当にありがとう…)、答えてるうちに、なにこのふたりマジやってらんねーという気分になってしまった。おそらく読んでいるかたもそうでしょう…。
誤解を解くために言っておきますが、別に石蕗さんはアブナイ性癖の持ち主とかそんなではないのです…! 楓ちゃんのほうは(幼いながらも)バリバリ恋愛感情だとしても、石蕗さんのほうはむしろ…アレです。なのでこの回答にも深い意味はないというか、サンタクロースを信じる子供の純心を守るためのアレ的な…ねっ!
具体的には本編のほうで追々。(更新しなくちゃ…)
しかし指定が碧乃さんと先生でなかったのはかえってよかった…かもしれない。
お疲れさまでしたー。

| 回答 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ごちそうさまです
石蕗さんのそれはわかってはいるんですがこの会話だけ見ると・・・・というかおっくんはやっぱり自我があるの?
碧乃さんと先生は質問を受けてくれない気が・・・とりあいず面と向き合っては言えないんじゃないかな

| 鳥見て旅に | 2008/08/28 09:17 | URL | ≫ EDIT

がっつりごちそうさまでした
アーッ!! しろたん見逃した………orz油断せずにいけなかった!

バトン回答ありがとうございますー。
いや、先生と碧乃さんはバカップルっていうか…ノロケって言ったらきっと碧乃さんはボーナスを要求しそう(違)
だったら王道バカップルのちーちゃんと楓ちゃんにさせていただきましたが、大正解!(笑)
もんっっっのすごい甘い。いい感じに甘くて羨ましい!
うちにはバカップルあんまりいないからなー……(´・ω・`)
とりあえずお互いの好きなところ~は一番甘かったですね。楓ちゃんの言葉に返す千速さんがかっこいいしかわいい!
とりあえず甘い癒しごちそうさまでしたー☆

| 桃月 | 2008/08/28 13:06 | URL | ≫ EDIT

お粗末さまでした
>鳥見て旅にさん
会話だけ見るとどう考えてもそのケのある人ですorz
おっくんについては、本編のほうで詳しく書きたいと思っております。確かにこの会話だと思いっきり自我があるっぽい…。
碧乃さんと先生じゃ、まともな答えは返ってきそうにありません。お茶濁してボケるのがオチです(苦笑)

>桃月さん
大丈夫! まだ増刊号があるよ! 油断せずに行こう。
こちらこそ、バトンありがとうございました~。
先碧(略してみた)の場合は、もはやボケツッコミの掛け合いをすればするほどバカッポーに成り果ててゆく気がします…。
しかし石蕗&楓ペアのほうも、激甘通り越してゲロ甘です。なんなのこいつら。一生やってろ。
胸焼けされておられないか心配です。お粗末さまでした…。
あとバカップルいなければ作ればいいじゃない!!

| 藍川 | 2008/08/29 00:34 | URL | ≫ EDIT














非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuraboshi.blog28.fc2.com/tb.php/283-e1131e26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。