| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

読んだよメモ:葬魂屋シリーズ

4125010471螺旋の闇―魂葬屋奇談 (C・NOVELSファンタジア)
九条 菜月
中央公論新社 2008-08

4125010501蒼天の翼―魂葬屋奇談 (C・NOVELSファンタジア)
九条 菜月
中央公論新社 2008-09

読んだのは去年ですが。
というか、連続刊行とは知らなくて、それ以前の出ていたことすら知らなくて、九月に最終巻が出たんだけど、読み終わったのは十二月でした。すでに記憶があいまいなので、完結したことだし、魂葬屋シリーズ全体の感想をば。

うーん、いまいち…。
死んだ人の魂を修復してあの世へ送る、という話なんだけど、そんなにファンタジーもミステリーもしていなかった。
かといって劇的な人間ドラマがあるわけでもなく、どの話も淡々とした印象。毎回本題に入るのが遅いからかもしれない。(いつも終盤になって事件が動き出すから、このページ数で終われんのか!? と思ってしまう)
一巻の表紙とあらすじだけを見て、私が勝手にGファンかゼロサムあたりで連載してそうな、現代サイキックアクションファンタジー的なものを想像していたのも悪かったとは思うのですが。
でもさー、少年ふたりがコンビを組んで、魂の欠片をどうとか、対立する死神がどうとか言われたら、そういう話を期待しちゃうのもしかたないと思うんだー( ̄ε ̄)
最終的に物語は、主人公の片割れであるユキの前世がメインになってくるのですが、さして驚くような正体でもなく…。加えて正体が明らかになったところですとーんと終わってしまうので、なんだか拍子抜けというか、もうちょっと葛藤みたいなものがあってもよかったんじゃないかと思う。

そんな感じで、全体的に物足りなさがいなめない作品でした。設定とかキャラクターはいいだけに残念…。もっとみんな動きまわってほしかった。
やっぱり小説のジャケ買いは危ないっすね。
スポンサーサイト

| 読書 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読んだよメモ:キノ12巻

4048672630キノの旅 12―the Beautiful World (12)
時雨沢 恵一
アスキー・メディアワークス 2008-10-10

新刊出てたの知らなかった…。
今回はあまり変則的な話はなく、いろんな国を訪れて見てまわってちゃんと旅していた。なのにちょっと物足りなく感じるのはなぜ?
アクションシーンがなかったからかも。やっぱり一巻に一話くらいは銃ぶっ放して人*してほしいんだぜ。
あとブラックユーモア系が多かった気もする。
どの話もわりと淡々としてたんだけど、『徳を積む国』のラストはちょっとどきどきした。あーよかった。そして口絵の黒星先生GJ。
奴隷っ子はまた新たな旅人になるのかなー。

| 読書 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんとかとコインロッカー

友人から『あひるの空』の単行本1巻から10巻をか~なり前に譲り受けまして、貰ったときに1巻を読んで、やっぱバスケ漫画はスラダンだけでいいやーと十人いたら六人くらいの人が思いそうな理由を抱いてそれきりずっと放置してあったのですが、最近改めて読み直してみたら茂吉というキャラが激しく好みでどうしようかと思った。
うおおおおあんな後輩に懐かれてえええ!!!

モキチかわいいよモキチ(わんこ的な意味で)
登場した瞬間、某バンドのボーカルを連想したのですが、やっぱりモデルだったりするのだろうか。作者もファンっぽいことを公言してたし。
しかし彼が登場するのは8巻から。うちには10巻までしかないので、三冊分しか出番がないのです。
一瞬、11巻以降も買ってみようかと思ったけれど、さすがにいちキャラのためだけに20巻以上ある漫画をいまさら集めるのもあれだし、そもそも漫画のストーリー自体にはそんなに…なので却下。友人に「続き買ってまたうちに寄贈しろ」と言ったらはたかれたので、ブコフさんちにでも遊びに行くかな…。

ところで『あひるの空』というと、思い出すのはヤガモ事件。
以前本屋でバイトをしていたとき、あひるの新刊の裏表紙に書かれていた「家鴨」という文字を社員さんのひとりが「ヤガモ」と読み(正しくは「アヒル」)、矢ガモを連想した…という文章に書いてみると激しくつまらないけれどそのときの当事者たちにとっては大爆笑のできごとがあって、それ以来、あひるの単行本を見るたびそのことを思い返して従業員みんな吹き出してしまうようになってしまった、というできごとがあったのです。
まあ文章に書かずともどーでもいいできごとなんですが、レジ打ちするときに笑いをこらえるのが大変で、みんな苦労をしいられました、という話。
(※矢ガモってなんぞ? という若人たちへ…15年ほど前に話題になった事件だ! 詳しくは各自ぐぐる先生に確認のこと)

あひるに限らず、こういうエピソードはけっこうあります。えろほん買う客にはこっちのほうが神経使うとか。何もかも皆懐かしい…。
毎日毎日、検体ばかり相手にしていると、さすがの私も接客業が恋しくなるよ。

| 読書 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暴買暴読

まとまったお金が入ったので(きれいなお金だから安心してね!)、新刊とか金欠で今まで買えずにいた本とか本屋三件回っていろいろ買いあさってきた。
いやメールデータ消えた反動じゃないよ?(´;ω;`)

■かなり前に一巻を読んで買うのを後回しにしてたやつ
聖☆おにいさん 1 (モーニングKC) 聖☆おにいさん 2 (モーニングKC) うさぎドロップ 1 (Feelコミックス) うさぎドロップ 2 (Feelコミックス) うさぎドロップ 3 (Feelコミックス) うさぎドロップ 4 (Feelコミックス)

■達者なじいさん描かせたらこの人
拝み屋横丁顛末記 10 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) この度は御愁傷様です (モーニングKC)

■最終巻ですお疲れさまでした
機工魔術士 -enchanter- 17 (ガンガンWINGコミックス) その向こうの向こう側 6 (BLADE COMICS) 巌窟王 3 (アフタヌーンKC)

■買い忘れていた新刊たち
おやすみプンプン 3 (ヤングサンデーコミックス) 魔人探偵脳噛ネウロ 17 (ジャンプコミックス) ピューと吹くジャガー 15 (ジャンプコミックス) さよなら絶望先生 第14集 (少年マガジンコミックス) HIGH SCORE 7 (りぼんマスコットコミックス) 亡羊の嘆 鬼籍通覧 (講談社ノベルス フI- 6)

計金額は計算しちゃだめだ! 絶対だぞ!
これでも控えたつもりなんだ…黒執事とMR.MORNINGの新刊は立ち読みでがまんしたんだ…。(出版業界及び本屋の敵的行為をおこなう元書店員)
ちなみに戦利品を一気読みして寝たその日の夢が、コンビニでジャンプSQ9月号を買う夢だった。どんだけ漫画読みたいんだ!

| 読書 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

傷物語

『世界はあたしのためにまわってる』がもうずっと気になってるんだけど、買う金もやる時間もなさそうだからあきらめ……ううむ…。とりあえず予約はしないで、発売後の反応を見てから購入を考えよう。
今月は日和のDVD-BOXも出るんだよなー…_ノ乙(、ン、)_
DVD-BOXといえば、ウテナのコンプリートCD-BOX。諭吉超えか~、しかもほとんど持ってる…けど、100ページのブックレットと特典ディスク…。視聴できる二曲は正直いまいちだったけど、決闘の歌の新作が入ってるなら欲しいいいい! 万有引力ぅぅううう!! やっぱりBOX上下巻で六万は高いいいい!!!

4062836637傷物語
西尾維新
講談社 2008-05-08

出たの一ヶ月前だけど今読み終わった。
面白かったけど、会話の切れは化のほうがよかったし、ギャグもすべり気味だったように思える…。あえてすべらせたというべきか。なんにせよ、羽川のぱんつとむねはもういいです。おなかいっぱい。
ハッピーエンド的雰囲気が最後であっさり崩れるところがよかった。全員バッドエンドというからどんなラストかと思いきや、こういう形の不幸もあるのかー。これでもう一度化を読んだらだいぶ印象が変わりそうです。
アニメのキャストが気になるー。

| 読書 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。